インターネットは、どこまでも孤独

以下、有名なコピペ。

 

 

なぁ
そろそろ貴様に言わなければならないことがあるんだ。
俺も今日まで言うべきかどうか悩んだ。
言わなければお前も俺も普通の生活を続けていくことができる。今までどおりにな。
だが、やっぱりそれじゃだめなんだ。偽りのなかで生きていてはだめなんだ。
それに、もう時間がないんだ。
今、俺はお前に真実を告げる。

2ちゃんねる

見ているのは

ひろゆき

俺と

お前だけだ。

驚いたか?当然だよな。だがそれが真実だ。
辛かったぜ。お前が2ちゃんを見つけるずっと前から、
俺は何十台ものPCに囲まれ毎日2ちゃんを保ってきた。
だから、あの厨房も、あのコテハンも、すべて俺だったんだ。
お前が初めて2ちゃんを見たとき、俺は人生であれほど嬉しかったことはなかったぜ。
時には心苦しいながらもお前を叩いたりもした。許してくれ。
と、今話せるのはここまでだ。もうすぐすべてを知るときが来る。
そのときまでに、心の準備をしておいてくれ。 

 

 

このコピペはインターネットの本質を語っている気がする。

インターネットはいつでも「俺」と「お前」と「ひろゆき」しか見てない可能性をはらんでいる。この可能性は、決して0とは言い切れない。

インターネットに人がたくさんいるという確証は何か? その人が映った動画や写真はある程度「画面の向こうに色々な人がいる」という確証になるが、実際に会っている人よりも確証性は薄い。ましてや文章や絵だけを投稿している人は、「画面の向こうに人がいる」確証にはならない。botかもしれない。

つまり、孤独から逃れるために、インターネットでたくさんの人と繋がろうとすることは無意味であるということだ。なぜなら、それは人ではないから。強いて言うなら「人の情報」だ。論理的に考えれば、それは人であるが、感覚的には人と認識することが出来ない。

インターネットは情報を集めるのに大変便利なツールであるが、インターネット上で孤独からは逃れられない。表面上は逃れられているかもしれないが、感覚的に満たされないところがあると思う。

 

ボケ貧からの脱却

皆を笑わせるためにボケをかますことが度々あります。

しかし、そこで一番つまらないのは「面白げな」単語だけで笑わせることなんですよね。そういう笑わせ方は一番カンタンなんですが、テクニックが見られないボケで、ボケ戦闘力は3以下なわけです。例えば小学生が「うんこ!」と言うのがそれです。これを「ボケ貧」と呼びます。「ボケブラリーの貧弱」の略です。

同じように大人でも卑猥な単語だけを言って笑わせるのはつまらなく感じてしまいますね。別に下ネタが嫌いなわけじゃないんですが、汚い言葉を言えば面白いだろうという魂胆が見えた途端、私は菩薩の顔になります。

字面だけで面白い、そんな言葉から私は脱却しようと思います。

例えば。

 

ジャムおじさん

普遍的。皆が分かる。それでいて「ジャム」と「おじさん」のミスマッチ。これは面白い。つまり「ジャムおじさん」で笑わそうとする人間は、ジャムおじさんの恩恵のみで笑いを取ろうとしているわけです。勝手に名前借りて。よく知りもしないのに。ジャムおじの何を知ってるってんだ。

こういう言葉を使ったら「プレバト!」で夏井先生に「才能ナシ」の烙印を押されてしまいます。「ジャムおじさん」は禁句です。同様に「バタ子さん」も禁句です。

 

デーモン閣下

100000歳。白塗り。相撲好き。どこを取っても面白い。というわけでこれもデュエマで言う「プレミアム殿堂入り」です。使っちゃダメです。お前にデーモンの何が分かるんだということです。デーモンの10万年の歴史も知らないのに若造が名前を借りて笑わせようなんて、失礼極まりない。

 

「IKKOさん」

これもいけない。名前が面白いし立ち振る舞いも面白い、この人をネタにするのは余りに簡単すぎるのです。名前を出せば笑いが起こる。そんな反則人間なんです、IKKOさんは。チョコプラの松尾氏はIKKOさんのモノマネをしていますが、それは「お笑いレギュレーション」において、ギリギリアウトです。残念でした。

 

クイックルワイパー」

音だけで笑いを取れてしまうような、ボケポテンシャル(ボケンシャル)の高い単語もあります。そのポイントは「促音」「破裂音」「ラ行」です。その全てを含んだ「クイックルワイパー」は無敵と言えるでしょう。こんな言葉で笑わそうとするやつは総じてクソつまらない人間です。関わりを持ってはいけません。縁を切りましょう。

他にボケンシャルの高い単語として「ルッコラ」も挙げられます。以前私は「ルッコラ雑記」というブログを書いてしまいました。深く反省しています。

 

・ノブ風

最後に、ボケの幅が急速に狭められていることをお知らせします。理由は千鳥ノブです。ボケ貧から脱却するためには2つの単語を繋げるという策が考えられますが、それをすると今やノブです。「イカ2貫」とか「タキシード猫」とか言い始めたらノブです。また、「なんよ」とか「じゃあ」とか言い出したら、それはノブです。我々はもうノブの支配下に置かれてしまっていると言っても過言ではありません。

さらに言うと、粗品の暗躍によって体言止めのボケすら没個性ボケになりつつあります。ボケの世界は厳しいのであります。

 

ボケ貧から脱却するには、とにかくボケブラリーを増やすことです。名詞ばかり増やすのではいけません。

体言止めボケの時代は、終わりの日が近づいているのですから。。。

好きな音楽2021年02月

好きな音楽の話です。今特に聞いてる音楽をピックアップ。

www.youtube.com

ファッションモンスター。中田ヤスタカ最高。気分があがるね。

ちなみに私、音楽理論とか全然分からんので感想は浅めです。フィーリングでの感想を言うだけ。

www.youtube.com

星野源の新曲。源さんはええ曲つくるわ。賑やかでいいね。

www.youtube.com

賑やかということで、この曲も好き。てっきりデュエットかと思ったらヒャダさんが全部歌ってると聞いて驚き。

www.youtube.com

賑やかが続いたので、ローテンポの曲。と思いきや途中で雰囲気が変わる。展開が賑やかな曲だね。サカナクションの曲を最近よく聞いてます。Ame(B)もオススメ。

www.youtube.com

ロックサウンドもいいぞ。ということでこれも良いぞ。いよいよ日本の大抵の曲を聴きつくしたかな、という所でyoutubeが教えてくれました。衝撃を受けた。かっこいい。

www.youtube.com

英語詞もいいよね。これはM1で漫才をする直前の芸人紹介ソングだったのですが、2020年では使われず。今年は使ってほしいね。私でもわかる英語で、良い。

www.youtube.com

さわやか邦ロックもいいですよ。青春バンド。こんな青春送りたかったなぁあああああああああああああああああああ池間さん可愛い。

www.youtube.com

インストの曲も良し。インストとは歌詞のない、楽器(instrument)だけで構成されている曲のことです。これは有名なYMOかと思いきや、オマージュバンドのOMY。本家は「TOKYO」と言ってますが、こっちは「NAGOYA」と言ってます。

www.youtube.com

こっちが本家です。聞き比べするのも楽しいぞ。

そんなわけで、音楽って良いね。

 

【雑感】ゆめにっきの世界観

考察とか、そういうの抜きで、長々と雰囲気だけを表現します。

 

ゆめにっきの世界は現実から取り残されたような不思議な世界で、どことなく世界から哀愁が漂っている。「ゆめにっき」が人を懐かしい気持ちにさせるのは、現実に確かにあったはずと思わせるような世界だから。見ているはずのないような光景でも、子供のころに見たような感覚を覚える。なぜそのような感覚を覚えるのか。それは、単純な物体、意思を持つか持たないかも不明な物体の集合でゲーム内の世界が形成されているからだ。子どものころは親、兄弟、ぬいぐるみ、それ以外はよく分からない物体。人を人と認識する以前、世界を世界として受け入れている頃を思い出してしまうのである。

広い。

漠然と広い世界に対しては、自分が小さな人間であることを受け入れざるを得ない。世界への畏怖心を持つこと、それが世界の一員になることなのかもしれない。

だからホラーゲームと呼ばれるのだろう。が、これはあくまで現実の一面を切り取ったもの。現実はホラーと隣り合わせであるのかもしれない。

涼しい空間もあれば、温かい空間もある。その温度差にまで敏感になるのは神経を研ぎ澄ませているから。現実だって怖いはずだ。情報に溢れる世の中とは真逆の、自然のみを受け入れる生き方をすることも人間は出来る。それをすることで再び人は世界への恐怖心を抱くことが出来るのだろうが、それをすることで利があるとは限らない。だからこそ、「ゆめにっき」の中でそれを味わい、違う生き方を知ることが出来れば、それに勝ることは無いのではないか。

 

意味が無いこと、意味を見出さないことに一番の意味があるのではないか。

 

 

【総括】「毎日7リットル」を振り返る

「毎日7リットル」は2020年3月~4月(あと6月以降も若干あるけど)に更新していたブログです。こうやって見るとトータルで1か月分あるか無いかみたいな凄く短命なブログだったようです。

自分は大好きな文章群なのですが、PV数はほぼ0だったので、独りよがりな面白さだったのかな、と今になって思います。自画自賛の嵐。

日付の通りに見ていくと、3月24日の衣替えの記事は割と「分かりやすい」面白さなのではないでしょうか。写真も多いし。肖/像/権とかで訴えられたら詰みそうな記事ですね。訴えられたら謝ります。

3月29日の「しらないとり」は書き終わったときに「名作が出来た!」と思った記憶があるのですが、言うほどではない。バカバカしさが突き抜けてますけど。

4月8日の記事は、人生でつけたタイトルの中で一番面白いと思う。「道の駅つくってゴミ売って金稼ごう」なんて、これ以上下品な惹きつけられるタイトル無いでしょ。タイトルに内容が負けちゃったな、って思った。

4月9日はシリアス回。たまにこんな記事もあるので、緩急激しすぎて風邪ひきます。

4月12日の決勝戦は、面白い。(自画自賛)

6月17日の「朝焼けと共に」は文学性が高い。

しかしそれ以上に6月19日の「桃太郎(動物視点)」は名作。鬱展開だけど。

こんな感じで自画自賛はしてますけど、一般的にはクソブログですので期待しないように。嘘しかついてないブログなんて中々無いですよね。

明日からは通常記事をビシバシ書いていきます!

0802 竹本カーニバル

デン!

デデデン!

デンデン!

デデデデェーーーーーーーーン!!!!!!

 

「竹本カァアアアアアアアアアアアアアアアニバアアアアアアアアアアアル」

 

ついに始まった竹本カーニバル。

竹本君の独壇場、竹本君による竹本君のための竹本君が繰り広げられる、それがまさに竹本カーニバルであります。

おーっと竹本君が入場してきました!!!

チェックのシャツに無難なズボン!

顔も服装も童貞極まりなー―――い!!!

 

キャァアアアアアアアアアアアアア

 

竹本君が投げキッスをした模様です!

今の声は悲鳴かと思われます!

 

おーっとサンバ隊が入場してきました!

竹本君がいる以外は、普通のカーニバルです!

太鼓もいます。

サンバ隊もいます。

陽気なおじさんもいます。

しかし竹本君がいます。

陰気な童貞顔の竹本君は普通ならばカーニバルに参加できません。

カーニバルってそういう人は参加できない仕組みになっているからです。

しかし、この竹本カーニバルは違います。

竹本君は参加できるのです。

よかったな、竹本。

よかったなぁ、竹本ぉ!!!

 

 

そう叫んで僕は竹本カーニバルを後にした。

何ていうかな。

後は竹本君の場所にしてあげたかったんだ。

僕がいたら、そこは身内のどんちゃん騒ぎになる。

だから僕は退く。

家に帰る。

家に帰ってアイス食べながら録画しておいたアメトーークを見る。

残念だけど。

後は頑張れよ。

 

竹本。

 

もっと頑張れよ。

 

もっともっと。

 

 

竹もっと。

 

【Sleeperの追記】ここで「毎日7リットル」の更新は途絶えました。「ブログ閉鎖します」とかいう記事を書こうとも思いましたが、誰も読んでなかったので、突然閉鎖しました。ちなみに、竹本くんなんて友達はいません。