Sleeperのブログ

ネットの奥深くに眠るブログ。。。

2022/5/5の日記

久しぶりのブログ更新!

ゴールデンウィークも終わってしまう。今日も今日とて何にも出来なかった。どうすればもっと生産的な生活を送れるのだろうか……(´・ω・`)

ネットの中だけでも明るい自分でありたいと思い顔文字や感嘆符を使っていく所存!

匿名掲示板ノリに疲れてしまったのであります……。典型的なオタク口調で文章を書いていると気分が上がるし心も荒まなくてgood!

誰かから馬鹿にされるとか悪く言われるとか考え始めるとキリがない。掲示板ノリの人々は口が悪いからこういうお気楽な人間を貶めてインターネットを最悪の場所にしたわけであります。色々な人がいるのがネットの良さなのに、今のネット見れば定型のコミュニケーションばかり。昔のテキストサイト群とか見ると心が華やぎます。今の格式ばった文と愚痴ばかりのnoteとは大違いですや。(ブログはまだ閉じコン感あって多様性あるけどね)

兎にも角にも、この心が荒みきった時代に逆行していこうというわけです。川を逆行する鯉のように。インターネットルネサンスを興していこうではありませんか。煽り煽られの世界とはまた一線を画した世界を作ろうではありませんか!

……だいぶ大袈裟な話になってしまいましたが、今後しばしばこのテンションでブログを書こうと思うので「こういうことだよ」とのお知らせでした。

 

そしてSleeper、今日から日記を付けることにしました!続かないとは思いますが(爆)よろしくお願いします。

 

今日はGW最終日!

振り返ってみれば色々な楽しい思い出が……

 

ない

 

 

ないです。

 

まーこれも受験生の宿命ですね。

休みの日も勉強ばっかりして

 

 

ない

 

 

 

ない……。

 

ただVtuber見て終わった……。

 

(´;ω;`)

 

 

あのー

Vtuberというのは

沼ですね

見ない方がいいです

時間ばっかり取られて

何にも出来ない

ここ最近何も生み出してない

中学時代はアウトプットばかりで

何も見てなかったのに

逆ですね

今は受け身ばっかりで何も生み出してない

最悪です

友達も見てます

これ以上友達に広めないようにします

気をつけます……

 

明日からは学校……

頑張りましょう……(一日だけだけど)

 

 

 

 

 

 

 

iofnrru Tn zeduaiolqs

ころんば氏が2014年6月2日にリリースしたアルバム。アルバム名、曲名は無機質な文字列のように見えるが全てアナグラムになっている。

 

「iofnrru Tn zeduaiolqs」

→Tranquilizer of sound(音の精神安定剤)

「Ryegen」→energy

「Oivomaitnt」→motivation

「Nidgithm」→midnight

「Etgrre」→regret

 

テクノ音楽であるが、忙しない音楽にはなっておらず落ち着いて聞ける。時にはノイズ、時には耳鳴りのような音が聞こえることで音楽を聴いているという感覚が抜け、脳内に響くような感覚に陥る。先鋭的なメロディもあれば、Oivomaitntのような明るめのメロディの曲もある。どの曲も奥行きがあるため、聞いているとむしろ孤独を感じるようにも思える。虚ろな安心感がある。

ころんば氏はLcddemというフリーゲームを作るなど、ゆめにっきから影響を少なからず受けていると思われる。Lcddemとは「Lucid dream」(明晰夢)のことである。

石風呂楽曲はどうしようもない自分を救ってくれる

石風呂というボカロPがいる。「コンテンポラリーな生活」や「ネクライトーキー」のフロントマンとしても(本名の朝日廉で)活動している。その3ユニットの曲に、今の私は励まされ、奮わされ、救われている。長々とそれぞれの楽曲について語っていこうと思う。

まず初めに知ったのはネクライトーキーだった。あれは確か2018年、中二になった春。その頃はロック音楽にハマっていた。

「オシャレ大作戦」(ネクライトーキー)

カウントダウンからのファイアー。そして陽気なイントロ。大学生ウェイウェイバンドだと最初は思った。しかし段々歌詞が不穏になっていく。明らかに大学生ではないと思われるヒゲモジャのおじさんも目に入る。そして2番のここ。

涙が出たって 大人なら

誰にも見せないで終わらせないと

そうやって嘘もつく

ちょっとオシャレでしょ?

反吐が出るなあ

なんてことだ。曲名にもある「オシャレ」を自分なりに提示してそれを「反吐が出る」と切り捨てている。このギャップは朝日さんの歌詞の特徴といえる。石風呂楽曲でも「ゆるふわ樹海ガール」とかはタイトルから正にそう。可愛い言葉を挟んでから強い言葉を言う。この言葉の落差がたまらなく好きだ。

ちなみに朝日さんは「反吐が出る」という言葉が好きなようで同バンド「気になっていく」やコンテンポラリーな生活(以下コンポラ)の「ヘドが出る前に」でも使われている。反吐っていうのは「反」という漢字が使われているように何か外部からの力に反抗して出てくる自分の気持ちである。反吐というのは強い言葉のようで自分の弱さを表現している。朝日さんは常に弱者側として聴く人を奮い立たせてくれるのだ。

コンポラの「化け物になれば」という曲にはこんな歌詞が存在する。

だけど君らは知ってるか

ロックンロールという音楽は

弱さすら歌うんだぜ

こんな臆病でも

ロックというのは弱い者が反抗する手段である。オシャレ大作戦は「大人になるにつれて世間が求めてくるもの(オシャレ)」に対して「大人になりきれない自分」は反抗していきたい、という曲なんだと思う。年齢への焦りもありながら、まだ反抗するぜ、って。銀河でヘヘイヘイって。

 

確かに風貌や振る舞いはウェイウェイバンドであるが、歌詞に何か違和感がある。

「不穏」がネクライトーキーの魅力だと思う。かわいい感じ、楽しい感じ、でもそれは感じだけでよく見ると何か違うような気がしてくる。

「オシャレ大作戦」の次に私は「だけじゃないBABY」を聴いた。優しく説法されてる感じ。あと何とも言えない虚無感。1回諦めて前に進もうよと言われる。

石風呂の「さよならガール、また会おう」でもそういうことが歌われる。ここから石風呂のターン。

昔のことは全部根に持とう いつかそれを晴らす為に

普通なら「忘れよう」って言うよ。忘れて楽しく生きようって言う。それが「根に持とう」。しかも「全部」! でもこれが心地良い。人間そう簡単に嫌なことを忘れないものだ。忘れて生きろとは綺麗事。ならいっそ全部根に持とう、それを晴らすため。それが過去の自分のためにも良いのだ。結局はポジティブなメッセージなのだ。根暗にとっての希望の歌。

「サイコなわたし」

全部が全部ぶっとんでもう

2人だけになっちゃったとしよう

歌を歌ってしばらく過ごそう

可愛すぎない?

散々根暗だ卑屈だ言ってきたけど、石風呂楽曲は可愛い。キライちゃんも可愛い。「〜〜ぜ!」みたいな言い回しも可愛い。「全部が全部ぶっとんでもう」という荒々しい入りから「2人だけになっちゃったとしよう」。「なっちゃった」が可愛い。「あれ?」「2人だけになっちゃったね」みたいな会話を想像出来る。そして「歌を歌ってしばらく過ごそう」。は〜〜。まず2人だけになって歌を歌うって。そして「しばらく」。心の赴くまま歌うわけですよ。なんだこの可愛い空間。

「ばいばいスーパースター」

この曲が好きすぎる。

きっと見えない魚が

身体を少しずつ食べていくように

消えないはずの気持ちも消えていくんだ

少し少しずつ

時が経つにつれて昔大事にしてた気持ちは見失われていく。でもそれでまた新しい何かに出会えるかもしれない。過去も現在も未来も、生きている時間全てを大切に過ごしていくのが一番の理想なのである。たった一度きりの人生なのだから。

人生は儚い。過ぎたものは戻らない。止まりたくても止まれない。その中でもなんとか足掻きたいから私はこれからも文章を残していく。

最後はコンポラ。ネクライ→石風呂→コンポラの順でハマった。今リピートし続けている「You'll dig it the most」というアルバムはベストアルバムだ。知った頃にはほとんど活動していない状態だったから、ベストアルバムから入った。

「笑えない日々、笑える毎日」

時々僕らは夢を見て

それ以外は嘘をついた

穴ぐら奥に逃げ込んで

イライラして

ここからは完全に個人的な話になるが、私は中学の頃帰宅部で、「穴蔵」というノートを作って夢や愚痴やらを書き殴っていた。アングラにハマっていて語感の似ている「穴蔵」をタイトルに掲げ、文字通り同級生が部活をする中私は穴蔵に逃げ込んでいたわけだ。どうにもならない毎日にイライラしていたのもそうだ。

「自分のことだ」

簡単にそう思った。でもこの歌は思い出深い。思い出に深くリンクしてると言った方が正確か。

 

「ひとえの少女」

歌詞は全文抜粋したくなったのでしません。(著作権の関係。どのくらいの一部抜粋はアリなのか?)

 

この曲が描くのは、何にもならなかった恋愛の記憶。ひとえの少女が笑うのを眺めている僕。完全に忘れることは無理なんだけど、どうにもならなかった恋。そういうもやもやが泣けるぐらい甘酸っぱい記憶になってる。

高校から男子校になってしまった私は特に。高校では楽しく生活してるのかな。よく笑うあの子はこの上なく可愛かった。今も記憶の中で。

 

最後にこの曲。

「センチメンタル・ジャンキー」

エモいとか簡単な言葉で語れるなら人生なんてゴミゲーだろう。やりきれないし憎んでも憎み足りないし、それでも誰かを愛したいし愛されたいし、人生は楽しすぎるし辛すぎる。死にたくなって生きたくなって、笑って泣いて怒って泣いて、急にどうでもよくなったふりしてずっと頭の中で考えが永遠に回っている。そしてそれこそが生きるってことだと思ってるから、これを止める気は無いしこれからも続けばいい、こういう気持ちが失われたときに精神は死を迎えると本気で思っている。

漂う愛を捨てないでくれ

引き出しの中

朝焼けのそば

見事に一つも残さんでくれ

難しいけど

悲しい夢を貶さんでくれ

確かに僕ら滑稽だけど

時代に折れず笑ってくれ

それだけでいい

僕ら、センチメンタル・ジャンキーさ

「見事に一つも残さんでくれ 難しいけど」という歌詞が好き。難しいけど、そういう気概で生きていきたい。

 

以上、長々と語りました。

朝日さんの作曲センスも素晴らしいのですが音楽知識は0なので歌詞メインで取り上げました。本当にもっと世間に知れ渡ってほしい。私も十分遅く知った方だけど。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

(HDD)大掃除の春

久しぶりにパソコンいじってます。

もうパソコンを本格的に始めて6年目くらい。「本格的に」って何を基準に本格的なのかどうか分からないけど。パズルの有料会員制サイトを始めたのはいつぐらいだったのかな。今そのサイトは潰れてしまった。悲しい。

私の最古の書き込みはいつだったのかなと見てみると、私のペンネームが初めてインターネットに載ったのが2012年10月。そう思うともう10年経ってるのか。時の流れは恐ろしい。っていうか小2からインターネットやってるのか。恐ろしや。

初めてコメントがインターネットに載ったのが2013年5月。ここから私のインターネット人生は始まったと言えます。2015年3月には初めてそのサイトの掲示板にカキコしてます。とは言え本格的に始めたのは中学に入ってから。

Googleアカウントを作ったのが中1か中2.Twitterは中1から。小説サイトは中2から始めた。ブログも中2。匿名掲示板も中2からかな。スマホを持ったのは中3から。筋金入りのパソコン少年でした。そんな私ももう高校3年生になります。

どうしてこんなことを振り返ってるかというと、今HDDを整理してて様々な記憶が呼び起こされたからです。現在画像ファイルをスマホからHDDに移していますが、えらい時間がかかっているので暇つぶしにブログを書いています。

今乱雑になっているHDDを整理することで、受験期に入ってから「あーHDDの整理でもするか」と現実逃避するのを防いでいるのです。

しかし外付けHDDの寿命を調べてみると、5年らしいです。何ということでしょう。勝手にもっと長いと思っていた。バックアップはHDDだけでは安心できない。でもCDに焼くのも面倒。「HDDよ、長持ちしてくれ」と願うばかり。

今移行が終わりました。整理整頓したらまた来ます。

Sleeperも受験生になりました

ついに私も受験生。中学受験もして高校受験もして次は大学受験。3回目の受験だ。これが最後なので悔いの残らない受験にしたい。
しかしやる気が出ない。やる気スイッチがあればいいのになーと思ってとりあえず踏ん張ってみるも体からやる気スイッチは出てこない。どうしよう。何にもやる気がしない。まず何をやればいいのか分からない。ぼんやりとは分かっているけど、やりたくない。始めたくない。何もかもしたくない。そうして逃げる先はどこか。そう、インターネットだ。ネットの海に放り出されたら自分という存在がちっぽけに思えて仕方ない。ネットにどっぷり浸かった私は自分の日々の生活を蔑ろにして廃人となっていた。ここ数日休校だったこともあって廃人化は加速度的に進んでいた。Youtube見まくり。マインスイーパやりまくり。ソリティアやりまくり。こんなことしてちゃいけないと思ってもそれをやり続けるという屑の精神性はなんjやニコ生主から学んだ。いつしか自分が堕ちていく様を楽しむようになっていた。
それではいけないと奮起したのが今日。日付変わってしまったから昨日の話。ここで私は今年の初めに勉強垢を作っていたことを告白する。失政を繰り返して「失地王」と呼ばれたイングランド国王のジョン王をアイコンにして「失点王」として活動していた。作ってから数日で飽きたので、活動というほど活動していなかった。
それでも昨日「勉強のモチベーションを上げよう」と思って久々にログインして「いいねの数だけ勉強する」という企画を実行した。勉強垢ではよくある企画だ。しかし待てど暮らせどいいねは1つもつかなかった。Sleeper垢でいいねが付かなくたって何も悲しくないが、勉強垢ではこれほど悲しいのか、と思った。フォロワーもSleeper垢の何倍もいた。ハッシュタグもつけて検索に引っかかるようにした。それなのに誰もいいねしてくれなかった。なぜか。ジョン王をアイコンにしているからだ。そう確信した私は「失点王」を削除し(50回目くらいの垢消し)、今度は大衆にウケるようなアニメっぽいアイコンでスタートしようとした。Sleeperをもじって「すりっぱ」という名前でアカウント作成して、アイコンを設定して、自己紹介を書いたら急に虚しくなった。なぜ私はこんなことをしているのか。大衆にウケようとして自分を曲げて、そこまでしないと私は勉強ができないのか。
自分で自分が、というか「すりっぱ」であろうとした自分が嫌になってまた垢消し(51回目くらいの垢消し)。そして誓った。

勉強垢は二度と作らない。

「これで終わりにしたいのだ
Twitterアカウントを僕は作りすぎた
これで終わりだ」

これはSleeperの最初のツイートである。Sleeperというアカウントを消すことは未来永劫無いし、これ以上アカウントを増やしもしないという心からの叫びである。このSleeperの原点に立ち返り、もう勉強垢は作らないと宣言する。
勉強垢を作るということは結局勉強からの逃避に過ぎず、何の解決にも至っていない。無意味なのだ。これをブログに書くことで忘れないでいられる。勉強垢は私にとってはただの逃避手段でしか無かった。勉強垢作る前に勉強しろ、それに尽きる。



ここからは本当に独り言。Sleeperについて。
Sleeperという人間はいつまでも厨二で根暗でお笑い好きで卑屈で陰険で豆腐メンタルで変人で頭でっかちのサブカル系人間だ。人間というものは様々な要素が積み重なって出来ているのだから、一様に平たく「陽キャ」「陰キャ」とかで括るのは人間の魅力を失わせていると思う。ただそれが世間一般に対して分かりやすく受け入れられやすいのは仕方ないことであり、私も大衆に合わせて「キャラ設定」「コンテンツ設定」みたいな面倒なことをネット上でし続けていたことは事実である。だからSleeperではそれをなるべくしたくない。ありのままでありたい。ブログも記事のジャンルがぐちゃぐちゃだけど、それが人間の本来あるべき姿なんじゃないかと思う。この名義で活動していると落ち着くのだ。これからもそんなカッコつけてて泥臭いSleeperという自分を愛していこうと思う。
それに加えて、あまり過激なことをネットでするのはもう止めようと思う。過激というと聞こえは悪いが、何か変なことをするのはやめる。名義を増やさないとするとSleeper垢でやることになるが、それではSleeper垢の居心地をどんどん悪くするだけだ。インターネットの自由を謳歌するのはこれから控えていこうと思う。散々謳歌した。掲示板作ったりホームページ作ったり。でももうやめる。ブログだけ。少しずつ抑えていく。これについてはまた記事にするかも。

しばしネットやめます

始まりがあれば終わりがある。

失わなければ新しいものは得られない。

私はネットを卒業します。

 

「またか、、、」

そうです。「また」です。正直卒業は無理であることは分かっています。もちろん卒業と言ったって一生ではありません。高校卒業まで、というか受験勉強が終わるまで、の予定なんですが受験が終わるのは再来年の2月末。つまり1年と三か月。無理ゲーでしょうか? いえ、達成しなくてはなりません。無理を承知で挑戦して、達成するのです。

 

ネットをやってて一番良くないのはネット脳になっているということ。

ストレス発散にネット。この回路が完全に出来上がってる今、勉強したらすぐにネット。帰ってきたらネット。それじゃ良くないんです。ストレス発散に勉強。この回路を作る必要があるんです。だからネットをやめます。本当にやめます。失わなければ新しいものを得ることは出来ないんです。

ネットは時間を搾取するものです。時間を搾取するために様々な工夫が凝らされているのがインターネットです。時は金なり。ネットやってる時間はただ搾取されているだけ。虚像に金払ってるわけです。そんなの無駄です。無駄無駄ぁ!!!!!

癒しをネットに求めない!

ネット中心に考えない!

ネットが脳の報酬系をハックする!

激ヤバアンチネット狂信者みたいな感じですが、このくらいしないとネットやめられない体になってしまいました。時間を投げうっているはずなのに、なぜ惜しげもなくいられるのか。それは脳をハックされているからです。本気でやめます。

今までSleeperとしてやってきましたが、結局は独り言の連続でした。それで良かったと思いますが、これから受験期なのでそれではよくありません。独り言に何時間も使ってられません。積極的に活動することで解決する悩みもあるものです。まずは行動しないと始まりません。

再来年の3月以降にまた戻ってくるかもしれませんし戻ってこないかもしれません。それまでに戻ってきたら直帰する所存です。今までありがとうございました。

 

私が使ってるブラウザ変遷

【pc】(2012~)

Windows7時代(2012~2020)

・InternetExplorer(2012~2018)

初期はコレ。ブラウザといえば青のeマーク。これ以外にブラウザは存在しないと思っていた。

GoogleChrome(2017~2020)

Twitterの動画がIEで再生出来ないことを知って導入したブラウザ。シンプルさは1番。お気に入りが左に表示されないのは慣れなかったが今では当たり前。ただ、左側に「お気に入り」がズラっと並んでいた頃は楽しかったなぁ。Chromeだと上にしか表示できないから限界がある。スペース取ってくれていいから左側に表示して欲しい。

Firefox(2018~2019)

色々なアドオンが使えてとにかく便利。玄人向けのブラウザという感覚。なぜこのブラウザを導入したかというと、昔はパソコンでTwitterアカウントの切り替えをするとき、一々ログアウトしなければならなかったのです。だからアカウントごとにブラウザを使い分けていた訳です。それが改良されて今は使ってません。

・Tor(2018)

ネット大好きっ子が1度は通る道。2018年といえば絶賛中学2年生。完全に厨二病です。外国を何ヶ所か経由してIPアドレスを分からなくさせるみたいな匿名性に優れたブラウザなのですが、当然私はこれを使って「ダークウェブ」を見に行ってました。よっ、厨二病! 意気揚々とダウンロードしたのにいざ使うとなると色々怖くて「on/ionちゃんねる」をチラリと見ただけですぐに帰りました笑(即アンインストール)

 

○Windows10時代(2020~)

GoogleChrome(2020~)

最強。シンプルイズザベスト。これに勝るものはない。そう思っていた時期が私にもありました。見つけてしまいました。唯一の欠点を。それは「雀魂が重い」ということ。雀魂とはオンライン対戦の麻雀ゲームのこと。これが致命的に重い。そして導入したのが、、、

・Edge(2020,2021)

「いや元からあるブラウザやないかい!」と思ったそこのあなた。聞いて驚くなかれ、私はこれを1回アンインストールしている。Chrome信者だった私は「Chromeしか勝たん!後は皆いらない子」の精神の元、Edgeをアンインストールしたのである。ただ、いつかのタイミングでEdgeを必要とし、再インストール。今ではChromeとEdgeの二刀流で生活している。

 

スマホ】(2019~)

GoogleChrome(2019~2021)

スマホは中3から(それまでガラケー)で結構遅めであり、もうそのころはすっかりChrome信者。Chromeしか勝たんと思っていました。しかし!

・Brave(2021~)

出ました。Brave。「最強ブラウザ」と名高いこれ、特筆すべきは広告をカットしてくれること。煩わしい広告から解放されるわけです。パソコンのChrome拡張機能でその設定ができるのですが、スマホではできず。よってBraveに頼りっぱなし。もうスマホChromeは全く使ってません。Brave一択。

 

ブラウザだけでもこんなに話せましたね。短いネット人生の思い出話をするのも楽しいものです。擬似ネット老人会。